Archive | Exhibition RSS feed for this section

The Warm Up 2011

7 Jul

 


 

Annual summer event, The Warm Up at P.S.1 has started on the 2nd of July for 2011!! Fortunately, I could be there on the opening day for this year! Starting from the day, the event continue to the beginning of September on Saturdays bridging among art, music, architecture and the communities.

MoMA P.S.1の夏恒例のサマーイベント、The Warm Upが今年2011年の開催を7月2日からスタートさせました。幸運なことに今年はオープニングの日に行くことが出来ました!この日から始まり、このイベントはアート、音楽、建築、そして、そのコミュニティーとの架け橋となりながら毎週土曜日に9月初めまで続けられます。

The Young architect Program at MoMA and MoMA PS1 has been introducing emerging architectural talent to public through the innovative design and presentation, challenging each year’s winners to develop the outdoor space more relaxing, playful and exciting temporary installation that can provides shade, seating, and water for 12 years.

MoMAMoMA PS1主催によるこの若手建築家のためのプログラムは12年もの間、飛躍する建築の才能を革新的なデザインとプレゼンテーションを通じて、その年に選ばれた建築家たちにその野外空間をもっと快適に、楽しく、エキサイティングな日陰、座る場所と水を提供できる一時的なインスタレーションに作り上げていくことを要求しながら、世の中に紹介し続けています。

Interboro Partners has been chosen for this year to create the temporary urban landscape. The design team designed an eclectic collection of furniture including benches, mirrors, ping-pong tables and floodlights under the elegant fabric canopies. I was wondering what was a little stickers on the each objects, and found out that it showed the final destination of the objects after the party. The objects will be donated to the community after the last day of this summer event. I am very happy to know their way to work with community focusing recycling.

インターボロー パートナーズは今年その一時的な都市のランドスケープを創造するために選ばれました。デザインチームはそのエレガントな布製の日よけの下に、ベンチ、鏡、ピンポン台や照明等を含んだ選択可能な家具のコレクションをデザインしました。私はそれらについている小さなステッカーが何だろうと気になっていたのですが、それはその家具たちのその後の行き先を示しているものだとわかりました。それはこの夏のイベント終了後そのコミュニティーへ寄付されることが決まっています。私は彼らのリサイクルに重きを置きながらコミュニティーと共に手を合わせている彼らの姿勢を知ることができとても嬉しく思います。

“The designers met with local businesses and organizations including a taxi cab company, senior and day care centers, high schools, settlement houses, the local YMCA, library, and a greenmarket to determine what components of their installation could be used by those organizations following the Warm Up summer music series. Incorporating objects that can subsequently be used by these organizations is a means of strengthening MoMA PS1’s ties to the local Long Island City community.”

From PS1

デザイナーたちはタクシー会社、老人介護施設、高校、低所得者用住居、地元のYMCA、図書館やグリーンマーケットを含む地元の企業や組織に会い、どのようなインスタレーションの部品や構成がイベントの後でこのような組織たちに使ってもらえるかを決めました。このような組織に引き続き使ってもらうことの出来る物体でイベントを構成することはMoMA PS1の地元ロングアイランド市との結びつきを強くする方法でもあります。

There are 4 separated outdoor spaces in the garden; a dance area, a lounge area with the furniture collection, relaxing area filled with trees ( even the trees will be donated to the local community), and mysterious mirror room. It is interesting to check where each object will be ended.
Over those area, a group of hanging long mesh fabric pieces are dancing with wind. My favorite area is a quiet tree space, which are separated from the loud music and a packed dancing crowd although the music was amazing. If you want to escape from the hot and humid New York weather, you can also browse in the museum. I recommend you to stop by the work by James Turrell, which will promote you to have a relaxing and quiet meditation.

中庭には4つに分けられた空間があります。ダンスエリア、前述した家具コレクションのあるラウンジ、木に満たされたリラックス空間(この木々でさえも地元のコミュニティーに寄贈されます)そして、不思議な鏡の部屋。それぞれの品物がその後どこに向かうかチェックするのも面白いです。これらのエリアの上には長いメッシュ状の布の一群が風の中に踊っているのが見えます。私のお気に入りのアリアは、騒がしい音楽やぎゅうぎゅうになって踊っている一群からは少し離れた木の空間です、音楽はかなりいい感じですが。また、もし熱くむしむしするNYの天気から逃れたくなったら、美術館内をブラブラすることもお勧めです。ジェームスタレルの作品はリラックスできて静かな瞑想を促してくれるのでお勧めです。

I highly recommend you to visit at this event on the opening day and the ending day. These two days have the best musics. Make sure you get there before 8:30pm since hey stop selling beer ( You can get Six Points’ draft beer) at 8:30pm.

特にオープニングの日と最後の日に行くことをお勧めします。この2日の音楽が一番いいと思います。それと、8:30pmを過ぎるとビールを売らなくなるので、その時間前までに行くように気をつけて下さい。(Six Pointのドラフトビールが飲めますよ!)

Advertisements

Fashion by Non-Fashion Designers

27 Jun

 

Photos by Peter Stigter through Yatzer

Over a few years ago, CLASH PROJECT was born through chatting with four friends over wine at a party. The project was established to give voices to the creators and designers who might not be specialized in a particular form of design.

2、3年以上も前、CLASH PROJECTはあるパーティーのワインの上で繰り広げられた4人の仲間のおしゃべりの中から誕生しました。プロジェクトは一つの特定の形式のデザインに特化していないクリエイターやデザイナーに声を与えるために設立されました。

Though an article of Yatzer, we can feel more about their purpose and motivation for this project.

Yatzerの記事から彼らのこのプロジェクトへの目的やモチベーションをもっと知ることが出来ます。

“The purpose of the project is to create a ‘Clash’  with fashion.   In other terms, through this exhibition, the founders are aiming to encourage young designers, who might not be specialized in fashion,  to create by providing them the platform  to present their work to an international  fashion- related audience. The  ultimate aim of FASHIONCLASH is to present fashion in its broader possible form; this achieved while other design disciplines employed by the non-fashion designers, such as photography, illustration, fine arts, video and textile are all  directly or non,  associated to the exhibited piece.”

「このプロジェクトの目的はファッションとクラッシュすることです。いわば、この展示を通じて、創設者たちは、ファッションに特化していない若いデザイナーたちにその作品を国際的にファッションに関わっている観客に発表するためのプラットホームを与えることでデザイナーたちの作品づくりを励ましています。FASHIONCLASHの究極の目的はもっと広い可能性のある形でファッションを表現するこ;これは写真、イラスト、ファインアート、ビデオ そしてテキスタイルのようなファッションデザイナーではない人々によって従事される他のデザイン分野が全て直接的に、または全く関係なくこの展示作品に関連していることで達成されました。」

From Yatzer

Also the curator and one of the founders ,Matylda Krzykowski explained this idea more at mocoloco.

また、mocolocoのなかでキュレーターであり創設者の一人である Matylda Krzykowskiはこうも説明しています。

“Most of us do not just work in one field, rather in diverse areas. I, for example, graduated in product design, but I work as a journalist, consultant, curator, stylist and (of course) designer. I also like fashion. I like to create concepts and ideas, but I would normally not be given a voice in this area of design, as I am not strictly educated in this discipline. Many creative’s are in a similar position and the ‘Clash project’ exists to give them a voice in a discipline that they would not normally have the opportunity to express themselves.”

「私たちの中の多くは、一つの業界で働くよりも、多様なエリアの中で働いてます。例えば、私はプロダクトデザインを卒業しましたが、ジャーナリストとして、コンサルタントとして、キュレーターとしてスタイリストとして、そして(もちろん)デザイナーとしても働いています。私はまたファッションが好きです。私はコンセプトとアイデアと作るのが好きですが、この分野の中での厳密な教育がないので、このエリアに関しては通常は声をかけられません。多くのクリエイターは同じような境遇にいます。そして『Clash project』は彼らにいつもは表現する機会のない分野で声を与えるために存在しています」

As a designer, I got resonant with this concept, since I often encounter the similar situations they described. The situation is usually happen when I wanted to deepen experimental and new concept and ideas for me. Not all designers can be perfect in all fields. This project encourage young designers, at least me, to express themselves in a different fields, to expand possibilities of design ideas, and to collaborate with others from different disciplines because we all have strengths and weakness.

デザイナーとして、私はしばしば彼が説明したのに類似してている境遇にであうことがあったので、このようなこのコンセプトに共鳴しました。そういった状況はいつもきまって自分にとって実験的で新しい新しいコンセプトや考えを深めたいときにおこります。このプロジェクトは若いデザイナーたち(少なくても私は)違った場所で表現すすること、デザインアイディアの可能性を広げること、そして違った分野からの人々とコラボレーションすることを促してくれています。

The first FASHIONCLASH show occurred in the summer of 2009. This year, being the third rendezvous, it took place between the 10th-12th of June 2011

最初のFASHIONCLASHのショーは2009年の夏に始まりました。今年は三回目のランデブーとして2011年6月10日から12日までの開催です。

An Annual Clandestine Dining Event from Paris to NYC!

22 Jun

Through Coolhunting, I found this event!
This picnic looks fantastic!

クールハンティング
を見ていたら、こんなイベントを発見!
このピクニックすっごい楽しそう!

Known as Le Dîner en Blanc, the an annual clandestine dining event last some 20 years in Paris.  A crowd of the picnicers dressed up entirely in white browses around the city to discover the secret location. Once the location is revealed by some guests, it is told and spread by people through a word-of-mouth. Over 8000 parisian ate and danced in the music in this year.

Le Dîner en Blancとして知られる、この年に一度の秘密のディナーイベントは20年以上もパリで続いています。全身を白にドレスアップしたピクニッカーたちの群れは町中をブラブラしながらその秘密の場所を探しまわります。ゲストの誰かにその場所が見つかると、それは口コミではなされ広がっていきます。今年は8000人を超えるパリジャンが音楽の中で食べて踊りました。

“After successful picnics in Amsterdam, Berlin, Montreal and elsewhere, this year Le Dîner en Blanc is hitting NYC on 25 August 2011. Seating is limited to 1,000 guests—register for the wait list online and see more info at Le Dîner en Blanc’s New York Facebook page.”

「アムステルダム、ベルリン、モントリオールなどその他の場所での大成功したピクニックの後、今年は8月25日にNYにもやってきます。席は1000人ほどと制限があります。オンラインのウェイティングリストに登録して詳しい内容をfacebookページで確認ください。」

From Cool Hunting

Actually there are more photos of this event on the Facebook page!

実際、facebookでもっと多くの写真が見られますよ。

You can feel the atmospher through the experience of Coralie Marabelle who studies in Paris. Click here to read her blog. The images of my blog came from her site! Thanks, Coralie!!

どんな感じの雰囲気かは、パリで勉強しているCoralie Marabelleの体験を彼女のブログを通じて感じられます。彼女のブログはココをクリック!このサイトのイメージも彼女のところから頂きました。ありがとう、コラリーさん!

“fantastic – systematic” by Burkhardt Leitner

21 Jun

Burkhardt Leitner from Germany published their booth in Euroshop 2011 to illustrate how their modular exhibit system can be transformed into a creative playground.  The motto “fantastic – systematic” is clearly speaking with the minimalistic construction elements and sleek yet playful decorative details in the environment.

ドイツからのBurkhardt Leitnerが独自のモジュラー展示システムがどのようにクリエイティブな遊び場に変化を例としてみせるために今年のEuroshop2011に彼らのブースをオープンしました。そのモットー「ファンタスティック — システマティック」はミニマリスティックな建築素材とスリークだけど遊び心のある装飾ディテールによってその空間の中で明確に語りかけてくれます。

Not only this particular design, I really like their style of design and construction. Please visit their website to see more of their products and portfolio!

Desalto Booth by Paola Navone

15 Jun

“When creating a fair booth to showcase minimalistic, neutral products, designer Paola Navone used bold graphics and bright colours to contrast the contents inside.”

「ミニマリスティックでニュートラルな製品をショーケースするためにブースを作るとき、デザイナーの Paola Navoneは内側の内容にコントラストを与えるためにボルドなグラフィックとブライトな色を使いました。」

From Frame Magazine

This booth was structured with exposed metal painted in fluorescent colors and wrapped tightly with stretchy fabric.

このブースはむき出しのメタルに蛍光色をペイントしたもので建てられて伸縮性の布地をタイトに巻き付けています。

The designer said “ My goal was to make a little theatre, to show that everyone can use Desalto’s products in their own way,” and “I wanted to attack the stretch fabric with graffiti; I wanted it to be strong and aggressive,”

デザイナーは「私のゴールは小さな劇場を作ること、誰でもみんな Desaltoの製品を彼らなりのやり方で使えるということをみせることです、」そして「私は伸縮性の布地にグラフィティを使って攻撃を仕掛けたかった。私はこのブースを強くアグレッシブにしたかったのです。」

She actually approached young graffiti artists on the street to ask for their assistance with painting fabric.

実際、彼女はストリートのグラフィティアーティストにアプローチして布地へのペインティングのアシスタントを求めたのです。

Navone also describved Desalto’s product as following. “Desalto’s products are very simple and minimalistic, so I wanted to show that you can use their elements and turn them into many different things pending the environment,”

Navoneはまた Desaltoの製品についてこのように話していました。「Desaltoの製品はとてもシンプルでミニマリスティックです。だから私は誰でも彼らのエレメントを使い、空間の中の様々なものへと取り入れることが出来るということを見せたかったのです」

According to the article, a space that, when approached from one angle, showcases only white products like a dining room, kitchen and office; when seen from the opposite side, they view colourful products.”

この記事によると、ある角度からアプローチしたとき、空間はダイニングルーム、キッチン、オフィスなどの白い製品だけを浮かび上がらせます。反対側からだと、カラフルな製品が見えるようになっているそうです。

Water Stage!

8 Jun

 

 

“South Florida based Nichols Brosch Wurst Wolfe and Associates was recently awarded third place in the Miami Water Box competition for their roaming proposal.”

「南フロリダを拠点とする Nichols Brosch Wurst Wolfe and Associatesが最近マイアミウォーターボックスコンペティションに彼らの漂うようなプロポーザルが3位を獲得しました」

“The design concept builds on the notion that a theaters success is associated to the strength and quality of the relationship between the audience and the performer. Acoustics amplify sound, lights direct visualizations but most other architectural elements or design features should become negligible once the performance begins.”

「デザインコンセプトは劇場の成功はパフォーマーと観客の強く質の高い関係と結びついているという概念の上に考えられました。音響が音を展開し、照明が視覚的な現象を導き、しかし多くの他の建築要素やデザインの特徴は一旦パフォーマンスが始まったら(その演題にあわせて)交渉できるようにするべきである。」

From Arch Daily

Exhibit design, set design and design for entertainment and performance are combination of various design elements such as lighting, sounds, texture, architectural element  and so on…only the design mixed with well balanced design elements can attract audiences by telling the stories.  This must be really fun to be seen in the summer music fest!

展示デザイン、セットデザインそしてエンターテイメントやパフォーマンスのためのデザインは照明、音響、テクスチャーや建築の要素などの様々なデザイン要素のコンビネーションです。よくバランスのとれたデザイン要素とミックスされたデザインだけが物語を紡ぐことによって観客を引きつけることができます。これは夏フェスとかでみれたら楽しいですねえ!

The transfinite

7 Jun

“Using strobe effects, scale, shade, light, shadow, sound and rhythm, the installation pushes the senses to their limits with massive pulses and jitters that flash overwhelmingly.”

「ストロボ効果、スケール、陰、光、影、音とリズムを使って、インスタレーションはフラッシュする巨大なパルスとジッタを使って圧倒的なまでに感覚器官をを限界まで押し上げました。」

From Frame Magazine

This 10-mins abstract film was created by Japanese artist Ryoji Ikeda. It is looping, being projected on the massive wall and floor that let visitors can stand, sit and even lie down.

この10分間の抽象的な動画は日本人アーティストの池田亮司によってつくられました。巨大な壁とビジターが立ち、座り、横になることさえ出来る床に投影されながら、繰り返しループします。

‘To me, beauty is crystal: rationality, precision, simplicity, elegance, delicacy; the sublime is infinity: infinitesimal, immensity, indescribable, ineffable,’ Ikeda commented about The Transfinite, which is a name of this installation.

「私には。美しさはクリスタルです。:合理性、正確さ、単純さ、優美さ、繊細さ:雄大さは永遠で:無限に小さく、無限に大きく、漠然としていて、言葉にできないもの」とイケダさんは The Transfinite、このインスタレーションのタイトルですが、についてコメントしています。

His comment itself is too abstract.
But I think the concept feeling the work not only relying on seeing by eyes seems the most updated art scene and deepen the stream of installation arts a bit more.
The other senses might get sensitive by making visual impression minimal.

うーむ。コメント自体がとっても抽象的。
ただ、目だけに頼らずに5感で感じるというコンセプトは最先端のイマドキのアートな感じがするし、インレーションアートの流れをもう少し深めたように思います。
目で見ることのできるものはミニマルにして他の感覚を敏感にさせてくれるんだろうなあ。

This is available to experience until 11 June at the Park AvenueArmory in New York.

ニューヨークの the Park AvenueArmory にて6月11日まで体感することができます。