Archive | July, 2011

Lightging Design for “Make Me!”

29 Jul

“This is it! It makes sense to me!” I though so, when I saw this lighting fixture.
I got to know a textile design collection for electronic cable named NUD Collection a few years ago at tradeshow site. I have been attracted to the variety of their fancy designs. On the other hand, I could not hit any suitable product ideas to take advantages of this coolness, nor could not find any designs by other designers. But I finally found it!

「これだ!なるほど!!」と思いました。
NUD Collectionという電気ケーブル用のテキスタイルのコレクションを2、3年前に展示会で知りました。バラエティーに飛んだ素敵なコレクションにうっとりする一方で、いまいちその良さを上手く使ったデザインを思いつかず、また誰かのデザインでの発見もなかったのですが、これぞってかんじでした。

This seems that one of applications for a competition called “Make Me!” to attend an exhibition in Poland. The designer’s name is Tomasz Pydo. I am not sure that he assured to use the NUD collection for his design, but think it would be great partner for each other if they collaborate together.

”Make Me!”というポーランドで開催される展示のコンペへの応募作品の中の一点らしいです。デザイナーはTomasz Pydo. 彼がNUD Collectionを使うことを想定していたかはわからないですけど、コラボしたら面白いと思うんだけどなあ。

To learn more about this competition, click here.

“Up” or “Down”?

28 Jul

This ceramic tile collection, Pico is designed by French designers Ronan & Erwan Bouroullec for Italian brand Mutina. It comes in white, grey, sand, red or blue with two types of textures: “Down” with sunken dots and “Up” with elevated dots.
The material’s slightly irregular texture and matte surface gives the environment more natural and warm impression.

このセラミックタイルのコレクション、picoはフランス人デザイナーの Ronan & Erwan Bouroullecによってイタリアのブランド Mutina (ムティーナ)のためにデザインされました。白、グレー、サンド、赤、それと青のコレクションで2つのタイプのテクスチャーが用意されています。:窪んだドットの「ダウン」とドットの盛り上がった「アップ」。このまてりあるのちょっとイレギュラーなテクスチャーとマットな表面は空間をもっとナチュラルに暖かな印象を与えてくれます。

Here is a part of designer’s comment.

“ We intended to maintain the raw aspect of traditional earth floors or handmade cement, letting the material convey its natural characteristics.”

デザイナーのコメントに一部です。
「私たちは、素材にそれ自体の持つナチュラルな特徴を持っていかせながら、伝統的な土の床や手作りのセメントの加工されていない感を大事にすることを心がけていました。」

To learn more about this design, click here!
Also visit the designer’s website from here!

Roll-up Rooftop

18 Jul

This deck design with fun details and industrial surroundings reminds me the hightline in New York City. This rooftop garden is designed by Graftworks on a classic 1800’s building in Greenwich Village in NYC. Sinuous forms functions as built-in seating, tactile decking and an arcing wind-and-sun shade.

このいい感じのディテールとインダストリアルな周環境にあるデッキデザインはニューヨークのハイラインを思い起こさせます。この屋上庭園はグラフとワークスによってグリニッチビレッジにある1800年代のクラシックな建物のうえに作られました。くねくねした形は、組み込み式のベンチ、手で触れられることも考えられたデッキ、そして丸まった風よけ、日よけとして機能しています。

To learn more about this design, please click here!

このデザインをもっと知りたい方はココをクリック!

 

Also please visit the designer’s website. The making video is very interesting.

またデザイナーのウェブサイトにも足を運んでみて下さい。メーキングビデオが結構おもしろいです。

 

All images are from Dornob.

イメージソースはDornobから。

Souvenir from Iceland

8 Jul

I just got a cute package with a cute card from my friend. She said it is a souvenir from Iceland. It is a set of leather coasters shaped the silhouette of Iceland. It is designed by a London-based designer, Thorunn Hannesdottir . The white and simple design matches with the quiet and clean image of Iceland. Souvenir design is fun to just look around because the designs often reflect the culture and the air of the places. Of course getting a souvenir is fun too. I feel thankful and moved by the fact that they took the time to think about me in the busy travel schedule. Thanks, Sara!

友達から可愛いパッケージがこれまた可愛いらしいカードとともに届きました。アイスランドのお土産だそうです。革製アイスランドの国型のコースターセット。Thorunn Hannesdottir というロンドンのプロダクトデザイナーにデザインされたようです。白くてシンプルなデザインがアイスランドの静かでクリーンなイメージにぴったり。お土産デザインはその場所の文化や雰囲気を反映していて見てるだけでとても楽しいです。また、もちろん、もらうのも嬉しい。旅先の忙しい時間でも自分のことを思ってくれている時間があったことに感動。サラ、ありがとう!

The Warm Up 2011

7 Jul

 


 

Annual summer event, The Warm Up at P.S.1 has started on the 2nd of July for 2011!! Fortunately, I could be there on the opening day for this year! Starting from the day, the event continue to the beginning of September on Saturdays bridging among art, music, architecture and the communities.

MoMA P.S.1の夏恒例のサマーイベント、The Warm Upが今年2011年の開催を7月2日からスタートさせました。幸運なことに今年はオープニングの日に行くことが出来ました!この日から始まり、このイベントはアート、音楽、建築、そして、そのコミュニティーとの架け橋となりながら毎週土曜日に9月初めまで続けられます。

The Young architect Program at MoMA and MoMA PS1 has been introducing emerging architectural talent to public through the innovative design and presentation, challenging each year’s winners to develop the outdoor space more relaxing, playful and exciting temporary installation that can provides shade, seating, and water for 12 years.

MoMAMoMA PS1主催によるこの若手建築家のためのプログラムは12年もの間、飛躍する建築の才能を革新的なデザインとプレゼンテーションを通じて、その年に選ばれた建築家たちにその野外空間をもっと快適に、楽しく、エキサイティングな日陰、座る場所と水を提供できる一時的なインスタレーションに作り上げていくことを要求しながら、世の中に紹介し続けています。

Interboro Partners has been chosen for this year to create the temporary urban landscape. The design team designed an eclectic collection of furniture including benches, mirrors, ping-pong tables and floodlights under the elegant fabric canopies. I was wondering what was a little stickers on the each objects, and found out that it showed the final destination of the objects after the party. The objects will be donated to the community after the last day of this summer event. I am very happy to know their way to work with community focusing recycling.

インターボロー パートナーズは今年その一時的な都市のランドスケープを創造するために選ばれました。デザインチームはそのエレガントな布製の日よけの下に、ベンチ、鏡、ピンポン台や照明等を含んだ選択可能な家具のコレクションをデザインしました。私はそれらについている小さなステッカーが何だろうと気になっていたのですが、それはその家具たちのその後の行き先を示しているものだとわかりました。それはこの夏のイベント終了後そのコミュニティーへ寄付されることが決まっています。私は彼らのリサイクルに重きを置きながらコミュニティーと共に手を合わせている彼らの姿勢を知ることができとても嬉しく思います。

“The designers met with local businesses and organizations including a taxi cab company, senior and day care centers, high schools, settlement houses, the local YMCA, library, and a greenmarket to determine what components of their installation could be used by those organizations following the Warm Up summer music series. Incorporating objects that can subsequently be used by these organizations is a means of strengthening MoMA PS1’s ties to the local Long Island City community.”

From PS1

デザイナーたちはタクシー会社、老人介護施設、高校、低所得者用住居、地元のYMCA、図書館やグリーンマーケットを含む地元の企業や組織に会い、どのようなインスタレーションの部品や構成がイベントの後でこのような組織たちに使ってもらえるかを決めました。このような組織に引き続き使ってもらうことの出来る物体でイベントを構成することはMoMA PS1の地元ロングアイランド市との結びつきを強くする方法でもあります。

There are 4 separated outdoor spaces in the garden; a dance area, a lounge area with the furniture collection, relaxing area filled with trees ( even the trees will be donated to the local community), and mysterious mirror room. It is interesting to check where each object will be ended.
Over those area, a group of hanging long mesh fabric pieces are dancing with wind. My favorite area is a quiet tree space, which are separated from the loud music and a packed dancing crowd although the music was amazing. If you want to escape from the hot and humid New York weather, you can also browse in the museum. I recommend you to stop by the work by James Turrell, which will promote you to have a relaxing and quiet meditation.

中庭には4つに分けられた空間があります。ダンスエリア、前述した家具コレクションのあるラウンジ、木に満たされたリラックス空間(この木々でさえも地元のコミュニティーに寄贈されます)そして、不思議な鏡の部屋。それぞれの品物がその後どこに向かうかチェックするのも面白いです。これらのエリアの上には長いメッシュ状の布の一群が風の中に踊っているのが見えます。私のお気に入りのアリアは、騒がしい音楽やぎゅうぎゅうになって踊っている一群からは少し離れた木の空間です、音楽はかなりいい感じですが。また、もし熱くむしむしするNYの天気から逃れたくなったら、美術館内をブラブラすることもお勧めです。ジェームスタレルの作品はリラックスできて静かな瞑想を促してくれるのでお勧めです。

I highly recommend you to visit at this event on the opening day and the ending day. These two days have the best musics. Make sure you get there before 8:30pm since hey stop selling beer ( You can get Six Points’ draft beer) at 8:30pm.

特にオープニングの日と最後の日に行くことをお勧めします。この2日の音楽が一番いいと思います。それと、8:30pmを過ぎるとビールを売らなくなるので、その時間前までに行くように気をつけて下さい。(Six Pointのドラフトビールが飲めますよ!)