Fashion by Non-Fashion Designers

27 Jun

 

Photos by Peter Stigter through Yatzer

Over a few years ago, CLASH PROJECT was born through chatting with four friends over wine at a party. The project was established to give voices to the creators and designers who might not be specialized in a particular form of design.

2、3年以上も前、CLASH PROJECTはあるパーティーのワインの上で繰り広げられた4人の仲間のおしゃべりの中から誕生しました。プロジェクトは一つの特定の形式のデザインに特化していないクリエイターやデザイナーに声を与えるために設立されました。

Though an article of Yatzer, we can feel more about their purpose and motivation for this project.

Yatzerの記事から彼らのこのプロジェクトへの目的やモチベーションをもっと知ることが出来ます。

“The purpose of the project is to create a ‘Clash’  with fashion.   In other terms, through this exhibition, the founders are aiming to encourage young designers, who might not be specialized in fashion,  to create by providing them the platform  to present their work to an international  fashion- related audience. The  ultimate aim of FASHIONCLASH is to present fashion in its broader possible form; this achieved while other design disciplines employed by the non-fashion designers, such as photography, illustration, fine arts, video and textile are all  directly or non,  associated to the exhibited piece.”

「このプロジェクトの目的はファッションとクラッシュすることです。いわば、この展示を通じて、創設者たちは、ファッションに特化していない若いデザイナーたちにその作品を国際的にファッションに関わっている観客に発表するためのプラットホームを与えることでデザイナーたちの作品づくりを励ましています。FASHIONCLASHの究極の目的はもっと広い可能性のある形でファッションを表現するこ;これは写真、イラスト、ファインアート、ビデオ そしてテキスタイルのようなファッションデザイナーではない人々によって従事される他のデザイン分野が全て直接的に、または全く関係なくこの展示作品に関連していることで達成されました。」

From Yatzer

Also the curator and one of the founders ,Matylda Krzykowski explained this idea more at mocoloco.

また、mocolocoのなかでキュレーターであり創設者の一人である Matylda Krzykowskiはこうも説明しています。

“Most of us do not just work in one field, rather in diverse areas. I, for example, graduated in product design, but I work as a journalist, consultant, curator, stylist and (of course) designer. I also like fashion. I like to create concepts and ideas, but I would normally not be given a voice in this area of design, as I am not strictly educated in this discipline. Many creative’s are in a similar position and the ‘Clash project’ exists to give them a voice in a discipline that they would not normally have the opportunity to express themselves.”

「私たちの中の多くは、一つの業界で働くよりも、多様なエリアの中で働いてます。例えば、私はプロダクトデザインを卒業しましたが、ジャーナリストとして、コンサルタントとして、キュレーターとしてスタイリストとして、そして(もちろん)デザイナーとしても働いています。私はまたファッションが好きです。私はコンセプトとアイデアと作るのが好きですが、この分野の中での厳密な教育がないので、このエリアに関しては通常は声をかけられません。多くのクリエイターは同じような境遇にいます。そして『Clash project』は彼らにいつもは表現する機会のない分野で声を与えるために存在しています」

As a designer, I got resonant with this concept, since I often encounter the similar situations they described. The situation is usually happen when I wanted to deepen experimental and new concept and ideas for me. Not all designers can be perfect in all fields. This project encourage young designers, at least me, to express themselves in a different fields, to expand possibilities of design ideas, and to collaborate with others from different disciplines because we all have strengths and weakness.

デザイナーとして、私はしばしば彼が説明したのに類似してている境遇にであうことがあったので、このようなこのコンセプトに共鳴しました。そういった状況はいつもきまって自分にとって実験的で新しい新しいコンセプトや考えを深めたいときにおこります。このプロジェクトは若いデザイナーたち(少なくても私は)違った場所で表現すすること、デザインアイディアの可能性を広げること、そして違った分野からの人々とコラボレーションすることを促してくれています。

The first FASHIONCLASH show occurred in the summer of 2009. This year, being the third rendezvous, it took place between the 10th-12th of June 2011

最初のFASHIONCLASHのショーは2009年の夏に始まりました。今年は三回目のランデブーとして2011年6月10日から12日までの開催です。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: