Re-interpretation the ‘cold’ nature of digital-base work

18 May

rAndom international created window installation at the Welcome Trust in London from April 2011. The installation “Reflex” invites a physical response to the building by reacting to passers-by.

2011年4月からrAndom international がロンドンにある the Welcome Trustにウィンドウインスタレーションを作りました。インスタレーション”Reflex”は通行人に反応することで建物との物理的な相互反応を促します。

“The swarm behaviour of the installation is inspired by an algorithm developed to emulate the collective decision making process employed by creatures (such as birds flocking, ants, etc) in the natural world.”

インスタレーションの群れた動きは自然界の生き物によって使われる集合的な判断決定のプロセスを習うために発展させたアルゴリズムによってアイディアを得ました。

According to rAndom’s website, working from the fringes of art, design, science and architecture, rAndom, founded by Stuart Wood, Flo Ortkrass and Hannes Koch in 2002, develops projects and installations that re-interpret the ‘cold’ nature of digital-based work and emphasis the interaction between animate ( audience ) and the inanimate ( object), bringing the two into a powerful relationship of performance.

彼らのウェブサイトによると、 Stuart Wood, Flo Ortkrass と Hannes Koch の3人によって2002年に設立されたrAndomはアート、デザイン、科学、そして建築の周辺から働きながらデジタルベースの作品の持つ冷たさを異なった視点から解釈する、また、見るものとみられるものとを一つの力強い共演関係に持っていきながら、その間にある相互作用を強調するプロジェクトやインスタレーションを開発しています。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: