Archive | May, 2011

RMIG, a Firm Specialized in Metal Sheet

26 May

Recently, I noticed my approach to designs have been transforming since I graduated from design school. Selecting materials is getting much more important to tell stories and translate the concept than finding forms, which I focused on the most when I was student.

最近、デザインへのアプローチが学生を卒業してから変わってきているなあと思う。 物語を伝えたりコンセプトを具現化したりするのに学生時代は「形」を重要視していたけれど、素材選びの方が最近は重要になってきています。

Perforated metal sheet is one of my favorite materials. I actually introduce some designs used perforated metal. I love the cool industrial feel that matches with high-end architecture and interior. The shadows created by the sheet is nice too!

穴あき加工はその中でもお気に入りの素材です。このブログの中でも何度か紹介している素材ですが、インダストリアルなクールな印象がハイエンドな建築やインテリアにマッチしていてとてもいい!影も素敵!

Then I found an article about a firm, RMIG, who specialized in perforated metal.

そんな中、RMIGという穴あき加工のメタルシートに特化した会社の記事を見つけました。

“For 150 years now, RMIG has been producing a wide-ranging spectrum of perforated and embossed metal sheets for designers and architects. Perforated sheet are used for both technical and decorative purposes and are manufactured bespoke to customer specifications and expectations – with an inconceivable number of possible additional processing stages possible. The sheets can be edged, embossed, be furnished with fastening eyelets or boast lasered contours, too. The corporation also upgrades the surfaces of sheet stainless steel or aluminum as required, for example with powder-coated finishes for indoor or outdoor use, retroactive galvanizing of sheet steel or eloxy-coating for aluminum.”

「150年間ものあいだ、RMIGは幅広い範囲の穴あき加工と打ち出し加工の金属シートをデザイナーや建築家に製作し続けてきました。Perforatedシートは技術用、また装飾用の目的ために使われ、また、注文を受けた顧客規格や特別注文のために製造されています—創造できないほどの数の起こりうる追加の加工過程の可能性とともに。シートは縁加工、浮き出し加工、アイレットを絞めて備え付けたり、レーザー加工した輪郭を持たせることもできます。この会社は、また、ステンレスやアルミニウム素材を、例えば、インテリアやアウトドア使用にパウダーコーティング仕上げをしたり、シートスチールのメッキを剥がしたり、アルミニウムにエポクシーコーティングしたりするアップグレードもしています。」

From Stylepark

More articles about perforated metal sheet
Melting in French Landscape
Custom Perforated Metal for Facade and Sun Protection
Perforated metal meets high-end interior

Reflection!

25 May


Reflective effect like mirror is hot as recent trend for design?
I don’t know if this is just for me, but my eyes keep catching designs with high reflective effects.
It creates an effect to make the space look bigger, giving us a mysterious feel.
As exterior, it hides itself in nature reflecting the surroundings, while used for interior it gives us unexpected impression through the space.

鏡のような反射効果は最近のデザイントレンドなのでしょうか?
これは私だけなのかわからないですけど、ついつい高反射効果のあるデザインを目で追ってしまいます。
ミステリアスな印象を与えながら、スペースが大きく見える効果を作り出します。
外壁に使うと、周囲を反射しながら自然の中にその姿を隠し、一方インテリアとして使うと予想しなかった印象をそのスペースを通じて私たちに与えてくれます。

….but I may be uncomfortable to see myself all the time from any directions…Obviously it needs to be consider that where would be the best spots to use this effect.

,,,でもいつもいろんな角度から自分をみるのは居心地が悪いかも。当然ながらこの効果を使うのに最も適切な場所を選ぶ必要があると思います。

Here are some example of designs with mirror effect.
以下がミラー効果を持つデザインのサンプルです。

“ This garden, filled with a maze of grey brick arches interspersed with willow trees, has been completed by Martha Schwartz Partners as part of the 2011 Xi’an International Horticultural Expo currently taking place in China….The impression of endless pathways and arches is created by mirrors fixed to the brick walls, which on finding the dark exit corridor are revealed to be one-way glass, allowing a view back to those still lost in the maze.”

「柳の木と共に散在した灰色のレンガのアーチの迷路を詰め込んだこの庭、は現在中国で行われている the 2011 Xi’an International Horticultural Expoの一環として Martha Schwartz Partnersによって完成しました。…
通路とアーチの”endless”な印象はレンガの壁に取り付けられた鏡によるもので、暗い出口の廊下を見つけると、未だ迷路の中で迷っている人々をバックに見ながら、それがマジックミラーだということがわかります。」

From Dezeen

This camouflaged hotel on a tree was designed by Swedish architects Tham & Videgård Hansson Arkitekter:
この木の上のカモフラージュホテルはスウェーデンの建築家 Tham & Videgård Hansson Arkitekterによってデザインされました。

The concept is to create a shelter up in the tree. boxes clad in mirrored glass, 4x4x4 meters is hold with a lightweight aluminum structure hung around a tree trunk,glass. “ The exterior reflects the surroundings and the sky, creating a camouflaged refuge. ”

コンセプトは木の上に避難場所を作ることです。 4x4x4メートルのミラーガラスでおおわれた箱は幹の周囲に掛けられた軽量のアルミニウム構造に支えられています。 「外壁がカモフラージュ避難を作り出しながら、周環境と空を映し出しています。」

From Archidaily

This hair salon located in central Osaka, Japan, is designed by Japanese designer Teruhiro Yanagihara, featuring free-standing mirrored boxes.

この大阪のあるヘアサロンは日本人デザナー•テルヒロヤナギハラによってフリースタンディングの鏡の箱を特色としてデザインされました。

From Dezeen

“A slide is hidden behind the mirrored wall in this Tokyo office by Japanese studio Schemata Architecture Office.”

「日本のスタジオ Schemata Architecture Officeによるこの東京オフィスの鏡ばりの壁の中に滑り台が隠されています。」

From Dezeen


“The program asked for large, open office spaces, prototype rooms, project rooms and a striking customer area.” In order to achieve such compartmentalization, the architect used an old trick to divide. It is a reflective aluminum wall that makes the space seem bigger. “ This division not only makes the space feel bigger but also allows the exterior light to bounce off the interior, washing the entire office with natural light.”
This is designed by Swedish duo Elding Oscarson.

「プログラムは大きく開けたオフィス空間、試作品部屋、プロジェクトルーム、そしてがつんとくるような顧客用の部屋を要求しました。「このような区画化を達成するために、建築家はスペースを区分する古いトリックを使いました。それは反射するアルミニウムの壁で、空間を大きくみせてくれます。「この分割は空間を大きく感じさせるだけではなく外からの光をオフィス全体に自然光を満たしながら室内に跳ね返してくれます。」
これはスウェーデン人ドゥオのElding Oscarsonにデザインされました。

From Yatzer

Magma Fondue

20 May

“ The exhibition, Dip in Space, offers a new approach to the creation of a space. We usually see products and objects that are defined by its function roaming the entire city of Milan. Dip in Space breaks that mold and fully immerses its viewers into a multi-sensorial experience in the design process.”

「エキシビジョン、 Dip in Spaceは、空間創造への新しいアプローチを提供しました。ミラノ市内をブラブラ歩きながら、私たちは常々機能性によって定義づけされたプロダクトや物体を見ています。 Dip in Spaceはその型を壊し、完全に見る者をデザインプロセスの中の多感覚な体験へと沈めてしまいます。」

The exhibit space consist of two world; first , the glowing red wax magma exists as a metaphor of the mind of the designer at its peak in the creative process, while the second invites visitors to experiment with the magma to create their own inventions. The visitors create unique and unexpectedly shaped objects create by dipping supports into wax-filled containers.

この展示空間は二つの世界によって構成されています。一つ目は、真っ赤なワックスのマグマがクリエイティブプロセスの頂点にいるデザイナーの心の揶揄として存在しています。二つ目の空間が訪れる人々を各々の作品を作るマグマを使った実験へと誘ってくれます。人々はワックスの入ったコンテナにサポートを浸し入れることによって、ユニークでその形を予想することさえ出来ない物体作ります。

“The exhibition acts as a sensorial oasis where inventiveness, collaboration and individuality is celebrated.”

「この展示は創造性に飛んだ想像力、合作、そして個性がお祝いをする感覚的なオアシスとして存在しています。」

From yatzer

3D Hangings with Office Stationaries by Totems

19 May

This type of design is very close to what I design everyday at work. The fact makes this design more amazing for me and make me jealous of the designer’s creative mind.

このタイプのデザインは私が毎日の仕事しているものにとても近いです。その事実は私にとってこのデザインがもっと驚くべきものになり、そのデザイナーの想像力に対しての嫉妬心を沸き起こさせてくれます。

This huge 3D messaging installation created with thousands of pens, post-it notes, binders and ribbons for trade fair for offices and facilities.

この巨大な3Dメッセージのインスタレーションは数えきれないくらいのペン、ポストイット、バインダーとリボンを使って、オフィスとその付随する設備のためのトレードフェアのために作られました。

The designer of Totems Peter Van Lier says …

‘We thought there could be a strong sculpture instead – to write in the air a thought or motto,’

‘The large dimensions and limited budget pointed us towards using “found” or sponsored materials.’

‘We had the ambition to inspire visitors and create an unforgettable front page for the exhibition,’
Totemsのデザイナーの Peter Van Lierは
「私たちはモットーや考えを書く代わりにそこに力強い彫刻をおくべきだと思いました。」
「その大きなサイズや制限のある予算は私たちに”見つけたもの”とスポンサーから提供される素材を使うことを示唆したのです。」
「私たちは訪れる人をわくわくさせることとその展示会の忘れ難い最初の一ページをつくることを目指しました。」
と、言っています。

He also explained about his challenge to bring the concept designed with computer assist design tool to the real world. Design software “doesn’t take gravity and construction into consideration,’ ‘For months, numerous tests were made on how to best translate the 3D rendering into reality.’

さらに彼はパソコンでデザインされたコンセプトを実際に作るというチャレンジについてこうも説明しています。
デザインソフト「は重力や建設を考慮に入れてくれません。」「何ヶ月ものあいだ、どうすれば3Dレンダリングを一番上手く現実世界に持ってこられるかということのために、数えきれないくらい多くの試作品が作られました。

From Frame Magazine

Re-interpretation the ‘cold’ nature of digital-base work

18 May

rAndom international created window installation at the Welcome Trust in London from April 2011. The installation “Reflex” invites a physical response to the building by reacting to passers-by.

2011年4月からrAndom international がロンドンにある the Welcome Trustにウィンドウインスタレーションを作りました。インスタレーション”Reflex”は通行人に反応することで建物との物理的な相互反応を促します。

“The swarm behaviour of the installation is inspired by an algorithm developed to emulate the collective decision making process employed by creatures (such as birds flocking, ants, etc) in the natural world.”

インスタレーションの群れた動きは自然界の生き物によって使われる集合的な判断決定のプロセスを習うために発展させたアルゴリズムによってアイディアを得ました。

According to rAndom’s website, working from the fringes of art, design, science and architecture, rAndom, founded by Stuart Wood, Flo Ortkrass and Hannes Koch in 2002, develops projects and installations that re-interpret the ‘cold’ nature of digital-based work and emphasis the interaction between animate ( audience ) and the inanimate ( object), bringing the two into a powerful relationship of performance.

彼らのウェブサイトによると、 Stuart Wood, Flo Ortkrass と Hannes Koch の3人によって2002年に設立されたrAndomはアート、デザイン、科学、そして建築の周辺から働きながらデジタルベースの作品の持つ冷たさを異なった視点から解釈する、また、見るものとみられるものとを一つの力強い共演関係に持っていきながら、その間にある相互作用を強調するプロジェクトやインスタレーションを開発しています。

Wanderlust Hotel in Singapore

17 May

“Singapore’s 9-month old, 29-room Wanderlust Hotel puts travelers in the mood for discovery from the get-go. Their clever attention to detail, carried throughout the hotel, make the boutique establishment a destination in itself.” The details work as strong story telling fragments, functioning as it is.

「シンガポールの9ヶ月の、29部屋を持つワンダラストホテルは旅人をついたその瞬間から新しいものに出会うムードの中に連れて行ってくれる。彼らのホテル全体にわたる賢いディテールへの視点はそのブティックの創立を目的地そのものにしてくれました。」そのディテールたちはそれ自体として機能しながらも、強烈なストーリーテリングの欠片となっています。

The booklet was designed by Foreign Policy Design Group. It created in the form of a boarding pass and accompanying folder that full of useful information not only for introduction the hotel from its history to facilities in the rooms, but also as Singapore city guide.

ブックレットは Foreign Policy Design Groupによってデザインされました。ホテルの歴史やら部屋の設備の紹介だけでなく、シンガポールのガイドブックとしての使えるたくさんの情報はボーディングパスとそのフォルダーの形式で作られています。

“The boarding pass is actually a multi-page catalog about the hotel, describing the differently themed rooms and floors designed by Singaporean design agencies Asylum, Phunk Studio and fFurious” For me, the interior design seems a bit cheesy… but I really like the graphic design for the print materials and want to have them!

「ボーディングパスは実は多ページにわたるホテルに関するカタログで、シンガポールのデザイン代理店 Asylum, Phunk Studio and fFuriousがデザインした違ったデーマの部屋やフロアを紹介しています」私には少しインテリアデザインはくどいかなと思うけど、プリント物のグラフィックがとても好きですし、手に入れたい!

Rooms range from $300 to $650 Singaporean dollars.
They have amenities from Kiehl’s (Yay!) and iPod docks.

各部屋の宿泊料金は300ドルから650シンガポールドルです。
部屋にはキールズのアメニティ(イエイ!)とiPodのドックがついています。

From Cool Hunting

Lancheon on Brooklyn-Bound L Train

16 May

Brooklyn-bound L train of MTA subway in New York City open a pop-up restaurant for a half-hour.

NYCのMTAサブウェイのブルックリン行きLトレインは30分のポップアップレストランをオープンしました。

Lured by “the promise of a clandestine dining experience”, the guests who paid $100 for a reservation boarded. Don’t you wanna know what course they had? See the following sentences.
“Cooked up by the crafty chefs behind A Razor, A Shiny Knife, the luncheon included an elegant array of dishes, including foie gras and filet mignon, as well as a pyramid of chocolate panna cotta, dusted with gold leaf. “- from Cool Hunting.

予約に100ドルを払ったゲストたちは秘密の会食体験の約束に魅了されてながら乗車しました。どんなものを食べたのか気になりますよね?こんな感じだったみたいです。
A Razor, A Shiny Knifeの器用な料理人たちに料理され、 フォアグラとフィレミニョンだけでなく、金の葉をちりばめたチョコレートパンナコッタなどをとりいれながら 、昼食会は優美なお皿たちの一列をも取り揃えていました。」—Cool Huntingより

As far as I remember, L train was relatively clean and new when I was living along with L line. But because it was under construction, the schedule often got messed-up and the car shakes a lot between Manhattan and Brooklyn. If it is still the same, I can imagine it was very difficult to make the event successful!

覚えている限りでは、私がLライン沿いに住んでいるときにはLトレインは比較的にきれいで新しかったと思います。でも、工事中だったので、そのスケジュールはよくめちゃくちゃになってたし、マンハッタンとブルックリンの間はとても揺れました。もし、今もこの状態であるならば、さぞかしこのイベントを成功させるのは難しかっただろうなあと思います。

From Cool Hunting, New York Times