Where people gather

23 Apr


“Raum der Stille” which is the name of this space, was designed for use by guests and employees of campus by the Cologne studio JSWD Architekten.
Creating an homogeneous impression, the entire space is made of the sole material, namely a smooth plaster in a white hue, which produces a slight marble effect. A cube havering in the middle of the space become a focal point and provide a contrast by its interior wall in the space. You can see the surface of the interior which is a shimmering finish comprising thin sliced titanium, only when you step beneath the cube. In addition, the titaniums on the surface are highlighted by LED lighting.

The article says “The religious atmosphere alone encourages a calm, quiet demeanor. The room is nonetheless intended to be a place where people congregate and promote dialog between each other.”

From Stylepark

“Raum der Stille”と名付けられたこの空間は、キャンパス内にいるゲストと従業員のためにケルンにあるスタジオ JSWD Architektenによってデザインされました。

同化し周囲にとけ込むような印象を作りながら、この空間全体は一種類だけの素材、すなわち白のスムースプラスター(滑らかな漆喰?)で作られていて、それがちょっとした大理石のような効果を作り出しています。空間の真ん中で宙に浮いているようなキューブはフォーカルポイントとなって、その内装はコントラストを空間に提供してる。そのキューブの真下にいるときにだけ、キラキラの仕上げになってる薄くスライスされたチタンの一群でできた内装の表面を見ることができます。さらには、その表面のチタンはLED照明によって照らされています。

この記事は「その宗教のように厳かな雰囲気はそれだけで穏やかで静かな様子です。その部屋は言うまでもなく人々が集まる場所であり、互いの対話を促すような場所になることを意図しています。」と、言っています。

Stylepark
より

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: